私の会社では、携帯電話の請求金額を下げてコスト削減をしています。

携帯電話の請求金額を下げるコツ
携帯電話の請求金額を下げるコツ

私の会社では、携帯電話の請求金額を下げてコスト削減をしています

私の会社では、携帯電話の請求金額を下げてコスト削減をしています。そのコツは、携帯電話代理店の言うことを聞かないことです。
つまり自分で研究し、自主的に動くことでした。
携帯電話会社は請求金額を下げるための相談などには乗ってくれません。なぜなら入会させたり、乗り換えさせることが目的なのですから。
その一つに、携帯電話の実質0円の罠に乗らないことです。
実質0円といっていますが、それは、全て、高額なパケット代に転化されています。つまり、割高な機種をローンで分割購入させられています。これをやめて、自分で何でもよいので機種を買うことです。
すると、月々の携帯料金の明細書の中から割高な機種代と、ローンの利息部分を大幅に減らして安くできます。しかも、携帯電話は価格と機能的に良いと思うものを妥当な値段で買うことができますのでここでもお得です。

次に、通話は、できる限りラインやスカイプで済ませます。
続いて、2年に一度、他社に乗り換えます。そのときに、月々の基本料金の割引、かつ、契約するだけでキャッシュバックが受けられる代理店で契約することでかなり節約になります。それができない人の多くは、電話番号が変わることに恐怖を抱いていることが多いのですが、その点は、電話番号持ち出し制度を使えば、そのまま、電話番号を変えずに使えます。こうして、私や私の会社では、請求代をかなり下げています。

注目情報