携帯電話やスマートフォンは、今やなくてはならないツールです。

携帯電話の請求金額を下げるコツ
携帯電話の請求金額を下げるコツ

携帯電話やスマートフォンは、今やなくてはならないツールです

携帯電話やスマートフォンは、今やなくてはならないツールです。
私は主に仕事で使用し、プライベートでは極力使わないようにしています。何故かというと、料金が高いからです。
仕事での携帯電話使用にかかる料金は会社負担ですので、私には関係ありません。
問題は私用での携帯電話料金です。
私は携帯電話料金で月額1,000円以上はかけません。定額制の通話料金で、相手を特定する使い方ですと、通話料定額1,000円で収まります。この使い方が一番請求額を低く抑えることができます。
しかし、この使い方では通信はできませんけどね。
近々、電波法が改正されるという噂を耳にしました。
そうすれば、シムロックフリーの時代到来ということになるでしょうか。早くも「ワンコイン(500円)通信」などのサービスも出てきています。スマートフォンもデュアルシムモデルが出てくることも予想されます。そうすれば通話と通信を分け、それぞれに安くて良質なサービスを消費者が選べる時代が到来です。

通話1,000円、通信500円で合計1,500円。近い将来の私の携帯電話料金プランです。